FXスキャルは、どのような取引手法?

 

FXスキャルは最近になって人気を集め始めたトレーディングスタイルだといえるでしょう。

 

「スキャル」とは「スキャルピング」の略です。

 

日本語にすれば「頭の皮をはぐ」という意味です。

 

皮をはぐような細かい利益を重ねていくトレーディングスタイルを指します。

 

 

FX スキャルはデイトレードの一種だといえるでしょう。

 

しかし、デイトレードよりももっと短期間で、1回の利益は非常に小さいといえます。

 

1日に100回以上トレードすることもあるのです。

 

このような事ができるわけがないと考えるかもしれませんが、これができるようになってきたのはシステムトレードが普及してきたからではないでしょうか。

 

短期の売買を繰り返すためには集中力が必要ですが、ルールさえ徹底していればコンピューターにもできるのです。

 

むしろ注文の正確さで言えば、人間よりもコンピューターのほうが適していると思います。

 

 

では、FXスキャルを行うにはどうすればよいのでしょうか。

 

ひとつの方法としては完全自動売買が挙げられます。

 

ポジションのエントリーからクローズまでのすべてをコンピューターに任せるという方法です。

 

これをするためには少し高度な知識が必要となってくるでしょう。

 

もう少し簡単な方法としては、エントリーだけを自分ですると言う方法です。

 

エントリーした後に、利益確定注文損切り注文はコンピューターに任せることができます。

 

このような方法が発達してきたことよってFXスキャルを利用しやすくなってきたといえるでしょう。